クレインの取り組み

馬の暑さ対策について

乗馬クラブにとって馬たちは大事な仲間です。乗馬クラブクレインでは獣医師や装蹄師、専任スタッフ(厩務長)を各クラブに配置し、馬たちの健康管理に取り組んでいます。

昨今の酷暑に対してヒトだけでなく、暑さに弱く言葉に出せない馬たちの防暑対策は最重要事項として対策をしています。

馬の暑さ対策

【気候情報の確認】

各クラブの所長がインターネットやテレビなど様々な情報源を見て、気温や熱中症情報を確認して体調管理をしています。

【レッスン・休憩時間】

毎日の気候や各クラブの立地条件(都市部・山間部など)によって、各クラブの厩務長の管理下で、適度なレッスン間隔や休憩時間を設定して運動調整をしています。

【飼料】

飼料や添加物は暑さ対策を施したものを、獣医の指導の下に各クラブの厩務長が給餌して健康管理をしています。

【厩舎・洗い場】

直射日光を避けるために、厩舎・洗い場に遮光ネットや、よしずを設置したり、通気を良くするために、扇風機・送風機を設置しています。
また、周辺温度を下げるために、ミスト発生装置を設置している場合もあります。

【日々の健康管理】

獣医師が12名、装蹄師が21名、各クラブの厩務長が、常時クラブ全体の馬たちの管理を行っています。
特に、年に1回、ヒトと同じような健康診断(血液検査・バイタルチェック・運動機能診断・必要時にエコー検査・レントゲン検査・内視鏡検査)を全頭受けて、健康管理をしています。

事業内容

企業情報

乗馬クラブの経営

採用情報

著作権について

個人情報保護方針

一般事業主行動計画

よくある質問